引用元:http://open01.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1401011548/
自分の性格は母親に作られたものだとわかった話
1: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)18:52:28 ID:ZAuu0rBWo
性格に問題を抱えていて、生き辛さを感じている若者です。
その性格が、母親によって長い時間かけて作り上げられたものだと気付いた話をします。

初めに言っておきたいのは、母親に対して恨み事を言いたいのではありません。
基本的には良い母親ですし、育ててもらった感謝の気持ちが大きいです。
ただ、自己分析をして自らの性格のルーツ(?)を知れただけでなんだか安心したのです。
2: 名無しさん@おーぷん 2014/05/25(日)18:53:38 ID:eortKcDda
期待
3: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)18:58:06 ID:ZAuu0rBWo
自分は、家庭環境で言えば恵まれていると思う。
両親ともに仲は良いし、晩御飯は家族みんなで食べるし、休日には遊びに連れて行ってくれたし、最終的には大学にも入れてくれた。
傍から見ても幸せな家族だったと思う。

でも、ちょっとしたところで少しずつ問題を抱えていて、それが自分や妹の人格形成に大きな影響を及ぼしたと思っている。

4: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)18:59:18 ID:ZAuu0rBWo
家族について紹介する。

父親、母親、自分、妹 の4人家族。

自分と妹は性格が似ていると思う。生まれつきと言うよりは、作られた性格なのだろう。

6: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)19:04:56 ID:ZAuu0rBWo
うちの母親は、優しい時とそうでない時の差がかなり激しかった。

「そうでない時」は、自分や妹が何か怒られるようなことをした時、そしてもうひとつ、母親の虫の居所が悪い時だ。

まず、小声で嫌味をぶつぶつつぶやくのだ。
「気持ち悪い、うざったい、ブサイク、クソガキ…」
憎悪に満ちた表情で、頭に浮かんだ悪口をひたすら羅列している感じだった。

7: 名無しさん@おーぷん 2014/05/25(日)19:05:23 ID:eortKcDda
うわぁ

8: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)19:10:14 ID:ZAuu0rBWo
次に、怒鳴りながら殴る蹴る。
これは普通の親でも同じかもしれない。
学校の連絡プリントを渡し忘れたり、遊んでいて物を壊してしまった時なんかはものすごく怒られた。
怒られる理由は、自分でも納得がいくものが半数を占めていたように思う(当たり前だけど)
もう半数についてはのちのち説明する。

怒鳴りながら殴ったりけったりして自分が泣くと
「泣くな気持ち悪い!」「泣くとブサイクなんだよ、お前!」
と、本来怒られてるのとは関係のないことでさらにヒートアップし蹴られた。

9: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)19:13:11 ID:ZAuu0rBWo
限界まで泣くと、泣き終わってもしばらくヒックヒック言うのが止まらなくなるよね?
母親はそれも気にいらないようだった。

怒鳴って殴って蹴って「ごめんなさいもうしません」と言わせた後、愛のムチ(?)は終わって母親が部屋を出ていく。
でも、その後もヒックヒックが止まらないと「いつまで泣いてるんだよ根暗!本当に気持ち悪い!」とまた蹴られた。

こうして思い返すと、殴られるより蹴られることの方が多かった気がする。

10: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)19:17:09 ID:ZAuu0rBWo
まぁ、そこまで怒られるようなことをした自分がそもそも悪いんだけどね。

でも、怒り方が尋常ではなかった。
「怒られるのはお前が悪いからだ」と言いながら、子供がしたことに対し過剰なまでの罰を加えるのがうちの母親だった。

大切なものを壊すとかが代表的な例だ。
妹が何かの理由でひどく叱られた時、母親は妹が学校の作品展に出品した粘土細工を床に叩きつけて壊した。
泣いていた妹が、それまでの比じゃないレベルで爆発したように泣き喚いたのが今でも記憶に残っている。

11: 名無しさん@おーぷん 2014/05/25(日)19:21:22 ID:aDCowYqwU
1さんは男性?女性?

12: 名無しさん@おーぷん 2014/05/25(日)19:23:14 ID:qcXPh0xg2
うちの母親もそんな感じだw
それでも愛してるから不思議

14: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)19:25:13 ID:ZAuu0rBWo
>>11
女性です。そう言えば書き忘れてました。

>>12
明らかに以上だと感じる半面、優しい時の方が多いし愛してる気持ちが大きいんですよね。
説明しづらいですけど。

13: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)19:24:17 ID:ZAuu0rBWo
>>8で述べた、怒られる時の「もう半数の理由」について話す。
それは、自分ではどうしようもないことだった。

顔が気持ち悪い、臭い、肌が汚い(思春期でニキビが出来た時)、声がこもってて気持ち悪い、デブ、ブサイク…etc.

幼稚園の時には、既に言われていた記憶がある。
自分や妹は何も反論できなかった。かと言って、怒らせるようなことをした時のように謝れば終わるものでもなかった。
母親の気が済むまで、お説教は続いたんだ。

15: 名無しさん@おーぷん 2014/05/25(日)19:29:00 ID:uwpQRuvqL
恨み言を言いたいなら言って良いと思うんだけれども
なんで恨み言を言わないのが美徳みたいになってるんだろう

家庭内暴力と人格否定は十分すぎるほど問題だし
それを吐き出したいんなら全然構わないだろ、思いっきり吐き出せよ
問題点を問題点として扱わない方が自分が歪む
解決できるかどうかは次のステップの話

17: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)19:33:04 ID:ZAuu0rBWo
>>15
うーん、言われてみればそうですね
こうやって書き出してみれば明らかに恨みごとなのに「別に恨みごとじゃない」って言うのも変な話ですね。

吐き出させてもらいます、ありがとうございます。

16: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)19:30:35 ID:ZAuu0rBWo
まず、私は、人から何をされても怒れず自分を責めるようになった。

明らかに一方的な嫌がらせやいじめをされても、「自分が相手の気分を害するようなことをしたから怒らせたんだ」と思う。
相手の気分を害すること…自分の容姿や話し方に問題があるのだと思った。
幼い頃から、母親からそれらについて何度も叱られて来たからだ。

そして、「怒らせるようなことをしたのだから自分が悪いんだ」と自分を責める。
どんなに小さなことでも、相手を怒らせたら何をされても仕方ないのだと体で学んでいた。

18: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)19:49:29 ID:ZAuu0rBWo
そして次に、怒鳴り声や暴力を異常なまでに恐れるようになった。

知人から言いがかりをつけられ断ろうとしても、「ハァ!?ふざけんなよ!」と怒鳴られると足がすくんで頭が真っ白になり、何も言い返せなくなった。
明らかに自分が間違っていない状況でも、だ。
町中で酔っ払いのおっさん達がケンカしている怒鳴り声を聞いた時も、冷や汗が止まらなくなった(私に対して怒鳴ったとかではなく、離れたところにいた)。

暴力に関しては、さすがに普段の生活の中で殴られることはなかったが、クラスメイトに腕力を見せつけてくる奴がおり、とても恐ろしかったのを覚えている。
そいつは男で、週刊少年マガジンを素手で引き裂くことが出来た。それを一発芸みたいにいろんなところで披露していた。
そいつはいわゆるいじめっ子気質で、私は嫌がらせやいじめ、性犯罪に近いセクハラをされたりしたが、自分では恐ろしくて太刀打ちできなかった。
勇気を振り絞って「やめて」と言ったが、その度に突然持っていた物を壊し始めたり怒鳴ったりされて、恐怖心は募っていくばかりだった。
クラスも同じで、逃げ場がなかった。
最終的には学年が変わりクラスが別々になったことで会う頻度も減り、そいつとの関わりもなくなって問題は解決に向かった。
クラスが変わっていなかったらと思うと、今でも恐ろしい。

19: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)20:01:20 ID:ZAuu0rBWo
そして、これはおそらく妹も同じだと思うのだけど、身だしなみや喋り方に異常に気を使うようになった。

母親から「太ってて気持ち悪い」と言われた記憶が強く残っていて、太ることへの恐怖が大きい。
周囲から「別に太ってないよ」と言われても不安で不安で、一時期拒食症三歩手前まで痩せた。

「臭い」と言われたことが辛くて、冬でも制汗スプレーやロールオンタイプの制汗剤が欠かせなくなった。
自分で自分の臭いを嗅いでもどうしてもわからず、「実はワキガなんじゃないか」と不安でたまらなくなって皮膚科へ行き、「気にし過ぎなだけでワキガじゃない」と言われたこともある。

「肌が汚い」と言われ、思春期だったけれど化粧で無理矢理隠そうとしてよけいに悪化したこともある。

喋り方も、明るくハキハキと話すよう心がけた。周囲から「無理してる感じで痛々しい」と言われただけだった。

20: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)20:03:11 ID:ZAuu0rBWo
傍目からは「幸せそうな家族」だったと思う。
でも、中身は違ったんだ。

21: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)20:04:19 ID:ZAuu0rBWo
うちの家族は、典型的な機能不全家族だったのだろうと思う。
パッと見は良い親だが問題を抱えている母親と、それを止めもせず見ているだけの父親。

22: ◆xK9ZfH6WD. 2014/05/25(日)20:06:06 ID:ZAuu0rBWo
母親に対し、育ててもらった恩を感じているのは確かだ。
でも同時に、母親が年を取って介護が必要になって私の助けなしでは生きていけなくなった時、私が子供の時からされていることをそのままやり返したいと言う気持ちもある。

26: 名無しさん@おーぷん 2014/05/25(日)20:25:20 ID:qcXPh0xg2
>>22
弱った母親を痛めつけようとすると自分で自分の魂が救えなくなっていくよ

28: 名無しさん@おーぷん 2014/05/26(月)23:26:47 ID:5SrsSiaGE
>>26
そういうことを言うのは、1さんが思いのたけを吐き出してある程度気持ちの整理ができてからの方がいい。

23: 名無しさん@おーぷん 2014/05/25(日)20:07:58 ID:PZ1cQpvHp
共依存ぽいな

25: 名無しさん@おーぷん 2014/05/25(日)20:12:25 ID:xvrWtni2I
性格ってある程度遺伝するんだと思う
それから生活のレベルで変わると思ってた

27: 名無しさん@おーぷん 2014/05/25(日)20:31:47 ID:UEnrujySy
俺も似たような部分があるんでちょっと吐き出してみる

劣等感がある人は多かれ少なかれやり過ぎがある
うっかりしがちな人が「絶対にミスしないように気を付けよう」とかね
でも完全を目指すのは人間には不可能。
飯を食えば一時的に太るしおならをすれば匂うし肌が汚れることもある
「そんな事言っても人の目が気になるのはどうしようもない」
それも分かる、俺もそういう時期があったから
ただ完全を目指すのは無理だと分かってて人の目を気にする方が
完全を目指しながら人の目を気にするように楽になる


このエントリーをはてなブックマークに追加